借金時効

借金の時効とは、文字通り支払い停止からある一定期間を過ぎたら
借金が消滅してなくなるという事です

全ての債務の支払いを止めてから丸5年経つと時効になり
金融業者に内容証明郵便による通知書を送ることで時効が成立します

借り主の債務者には返済義務がなくなります

現在の債務の返済状況によっては、過払い金返還請求をするよりも
時効による借金消滅を狙った方が都合がいい場合もあります

例えば、中には支払いが出来ずに督促にも耐えて
3年くらい払ってなかったりする人も中にはいたりします


その場合、過払い金返還請求をするにも
3年分の延滞損害金の関係も出てきたりしますんで
過払い金返還請求があまり有効ではありません


まあ、ケースバイケースで今話題になってるからといって
過払い金返還請求だけを考えるよりも
ホントに自分にあった借金問題解決方法は何なのか
よーく考えてみる事も大事ですね


いろんな手段がありますから
きちんと信用できる専門家に、きちんと現状を話して
最適な解決方法を選びましょう

まあ、長く支払いをされてきてる人には
一番の解決方法は過払い金返還請求が最適なのはいうまでもありませんが

過払い利息

過払い金返還請求が最近話題になってますね
この法的処置自体は以前からあったのですが

少し前に法の見直しがあり、やっぱり守られるべきなのは出資法ではなく利息制限法だということで
払いすぎた金利を取り返すというものです


利息制限法

借入金が10万円未満 年利20%まで

借入金が10万円以上100万円未満 年利18%まで

借入金が100万円以上 年利15%まで


本来は、この金利しかとれないのですが
もうひとつ出資法があって

年利29.2%までは取っても特に罰則はないので
大手消費者金融を初め、一般的な金融会社は利息制限法は守らず
出資法だけ守って融資をしています


利息制限法は破っても特に罰則はないですから


また、今現在は出資法は年利29.2%までですが
以前は年利40.004%でしたので

このころから払ってる人は特に多く取り返せます

払いすぎもいいとこです


また過払い金返還請求は、すでに支払いが終わって全額返済してる人の場合
返済が終わってから10年以内の間であれば出来ます


よくこれをやったらブラックになってクレジットカードなど作れなくなるんじゃないかと心配する人もいますが

そうならないようにきちんと出来ます

また、来年からは法改正で年収の三分の一の金額しか借り入れが出来なくなるので
現在自転車操業になってる人は特に早めに考えるべきですね

今自転車操業になってるんであれば
すでに年収の三分の一以上の借り入れがあるでしょうから
来年からもうまったく借り入れが出来なくなります

それで、来年からもう自転車操業が出来なくなります


するとどうなるか!!!


当然、今までの借り入れの分の支払いがまったく出来なくなり

完全にパンクしてしまいます


何にしても、現在消費者金融からの借り入れがある方は

早めに過払い金返還請求をやるべきでしょうね
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。